2017年4月1日土曜日

ストーム、自動運転車両開発開始のお知らせ


パソコンショップストームでは、自動運転車両の開発に期間限定で着手いたしました。


現在、自動運転車両の開発は様々な地域・様々な企業により進められています。
技術の発展も目まぐるしく、最先端の技術が投入され、研究・開発が進められています。
パソコンショップストームでは、安全性や利便性の追求だけでは無く、「楽しめる自動運転車両」をコンセプトに開発を開始いたしました。





主な機能
・各車輪に搭載されたCPUがシームレスに連動することにより、ダイナミックかつ繊細な自動運転を実現。
各車輪には4コア8スレッドのマルチコアCPUが搭載されています。路面の状況、搭乗者の体調や気分等から導き出された最適なルートを自動走行いたします。

・車輪毎にタイヤの消耗度をリアルタイムでモニタリング可能。
側面に搭載したサブモニターには、エネルギー残量の他に各タイヤの消耗度をリアルタイムに表示いたします。このモニタリング機能により、ピットインによるタイムロスを極限まで低減することが可能です。

高性能な3Dグラフィック処理機能を搭載。
車輪毎に高性能な3Dグラフィック処理が可能です。走行ルートを立体的に捉えることで、走行時の高低差による「胸がフワっとする感じ」への予測が可能になりました。

・ホイール部にLED装飾を内蔵することで、夜間の視認性が大幅に向上。
各ホイール内部にLED装飾を内蔵いたしました。これにより、夜間の走行時に側面から体当たりされる可能性を大幅に減少させることが可能です。LED装飾は手元のボタンで発光カラーやパターンの調整が可能ですので、気分に合わせてお好みのカラーで走行することが可能です。

各車輪は、単体の高性能なパソコンとして動作可能。
外出先で突然ゲームがプレイしたくなっても、モニターを繋ぐだけで簡単に3Dゲームやオンラインゲームのプレイ可能です。例えば、ネットゲーム仲間4人での車旅。「宿泊先でもゲームがしたい!」そんなときにも安心ですね。現実の目の前にパーティメンバーがいるので、いつも以上に冒険の連携がスムーズになるかも?!


主な仕様
CPU:4コア8スレッド/車輪
メモリ:DDR4-2400 16GB/車輪
グラフィック:TITAN X /車輪
ストレージ:SSD 500GB /車輪
他、一般的なデスクトップパソコンと大体同じ

機能および性能につきましては開発時のものとなります。発売時には変更となる可能性がございます。
また、2017年4月1日中に開発が完了しない場合、開発計画自体が中止になる可能性がございます。

リリースページ
https://www.stormst.com/user_data/2017_0401.php

0 件のコメント:

コメントを投稿