2016年7月14日木曜日

新製品開発記1台目

前回のブログで告知しました通り、
こちらのPCケースを使用した新製品の開発過程を公開していこうと思います。

抑えておきたい特徴としては下記の2点。
・内部スペースが広いので、大型のグラフィックカードを搭載したい。
・サイドパネルがガラス製で内部装飾が映えるので、LEDファン等でドレスアップしたい。

というわけで、ゲーミング用途にも対応した、高性能かつ見た目にも鮮やかなパソコンを目指したいと思います。

ここからは各パーツ単位で見ていきます。
■CPU Core i7-6700
CPUは最新CPUのSkylakeを選択。ゲーム以外の用途も考えてパワフルなi7で構成しました。

■メモリ DDR4 16GB(8GBx2枚)
メモリは合計16GBを予定しています。オーバークロックメモリを搭載することでより高いパフォーマンスを目指すか、定格動作のメモリを搭載することで安定性の向上を目指すか。悩みどころです。

■マザーボード Z170 Mini-ITX マザーボード
ゲーミングにも対応する高い耐久性と豊富な機能を考えて、下記の2製品のどちらかを予定。

ASUS MAXIMUS VIII IMPACT
ゲーミングブランドとして確立したROGシリーズのマザーボードです。
高性能なサウンドやネットワーク機能、高い耐久性や安定性が特徴です。

ASUS Z170I PRO GAMING
ROGシリーズに負けず劣らずの高性能マザーボードです。
オンラインゲームに適したネットワーク機能等、高いパフォーマンスが期待出来ます。


今回はここまで。
次回はグラフィックカードやCPUクーラー等にも触れていきたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿